19歳独身男性ホストの愛人体験

俺の商売では愛人契約なんて何も珍しいことではありません。
ホストって仕事自体、擬似恋愛ですからね。お客さんは色恋を求めて、もっとはっきりいえばホストとキスしたりセックスしたりそういうものを求めてきているんですから。
すごい人は店の中でパンツ脱ぎましたね。
笑っちゃいますよ。面白い世界です。
俺が愛人契約を持ちかけられたのは、指名客の1人の女性からでした。
Iさん(仮名)は普段から、何かとプレゼントしてくれる太客でした。
スーツとか、ブランド物の時計とか。
Iさんは既婚者の43歳で芸能事務所の社長とか言ってましたね。まあ本当かどうかはわからないけど、彼女の金遣いは派手でしたから本当かもしれません。
アフターで六本木の個室居酒屋に行った時にIさんから、愛人契約を持ちかけられました。
愛人になればマンションを買ってあげるだとか、そういうことを言われました。ようは囲われるってことですね。
ホストクラブは男女が逆転してるんでこういう話は珍しいことではありません。
彼女の要求もわかりました。
俺に枕を求めているってことがね。
俺は頭の中で電卓を出し計算をしました。
この話を飲めば、今まで以上にIさんは店でお金を落としてくれて俺の売上に貢献してくれるでしょう。
更に、貢物もきっとマンション以外にもたくさんあるはずです。
俺には特定の彼女なんていません。この業界に入ってから、そんな価値観わからなくなりましたね。
彼女は何人も作って、さらに店に呼んで売上のためにお金を使って欲しいです。彼女なんですから。
いい女って俺のためにお金をたくさん使ってくれる女のことです。
Iさんからの提案をもちろん受け取り、愛人契約を結びました。

25歳男性フリーターの出会い系サイト体験

僕は東京でコンビニのアルバイトをしながら生活しています。

そんな生活ですと出会いがありません。

以前職場恋愛で痛い目にあっているので、バイト先で彼女を作ることも躊躇っていました。

とはいえ彼女は欲しいですので、なにかないかなと出会い系サイトについて調べてみました。

なんとなく怖くて敬遠していましたが、今更びびっていても仕方がないと、調べて良さそうだったハッピーメールという出会い系サイトに登録してみました。

登録をして、プロフィールなどを載せてみると、思いのほか連絡が入ってきました。

なるべく写真写りの良い写真を選んだのが良かったようです。

その中から見た目で好みな人何人かと連絡をしていきました。

比較的楽に直アドを手に入れることができ、一人と直接会うことになりました。

当日ドキドキしながら待ち合わせ場所に行くと、写真通りの自分好みな女性で喜びました。

僕の女性を口説く際の方法は、ともかく押す戦法なのですが、これが良かったのか最初のデートは割と好感触で追われました。

2、3度会って告白したところ付き合えました。

本当に良かったです。